有名中・高受験指導標準札幌校

お申込み・お問合わせは TEL 011-221-5881 または、お問い合わせページから

先輩からのメッセージ2012年度

東京大学理科Ⅲ類(医学部)1年 石津寛治さん

2012年北嶺中・高卒業

いま思い返してみると、中学受験から大学受験まで、一筋の一貫した法則でつながっていると思います。

中学、大学とも上位校ほど難問が出されると思いがちですが、意外とそうではありません。また、仮にそうであったとしても、それに沿って受験勉強をできる人は、ごくわずかな人たちだと思います。

事実、僕自身も中学受験から大学受験に至るまで、難しいと思える問題は、模試のときを除き、ほとんど解いていません。中学受験も含め、「基礎の反復練習」。これこそが入試必勝法だと思っています。

いかに難解な問題でも、(特に東大など良質な問題を出す難関校であればあるほど)基本的な問題の組み合わせです。根本的に難問と思えるような問題は、めったにありません。また、応用問題がだされていても過去の問題を丁寧に根気よく解き慣れておけば、必ずできるようになるので心配ありません。

細かい勉強方法は、僕より標準の先生方に相談した方がよいと思います。
いま考えてみても標準の教科書はよくできているし、先生の教え方もとても上手です。さらに練習問題も基礎をよく理解していないと解けない問題ばかりです。自分を信じて突き進めば必ずよい結果がでると思います。

最後になりますが、本番では、とにかく自分自身の力を信じてください。
自分の力を信じて臨む人でもうまくいかないことがあるのですから、自分を信じられない人がうまくいくはずがありません。

自分の力を信じることは合格への必要条件です。みなさんの健闘を祈っています。